ビジネスやイベントを目立たせる適切な看板を見つける

導入

会社やイベント用の看板を選ぶとき、幅広い選択肢から選ぶのは難しい場合があります。この記事では、看板の種類ごとに説明します。それぞれの看板がどのような効果をもたらすかを理解しておくと、どの看板が自分のビジネスに最適かを判断するのに役立ちます。

I. 標識を選ぶ際に尋ねるべき重要な質問

1. 標識の目的は何ですか?

特定の種類のビジネスを運営していて、ブランドを補完するために何かを購入する必要があるかもしれません。あるいは、単に子供部屋用の楽しいものを探しているだけかもしれません。いずれにしても、買い物を始める前に、何が欲しいかを明確にしてください。

2. 標識はどこに設置されますか?

看板をどこに設置するか、屋内か屋外か、交通量が多いか少ないかなど、どのような環境に設置するかを知っておく必要があります。これらの要素は、状況に最適な看板の種類を決定するのに役立ちます。

3. 看板の予算はいくらですか?

看板を選ぶ際には、予算を考慮する必要があります。また、初期購入費用だけでなく、メンテナンスや交換費用についても考慮する必要があります。

4. エリア内の標識に関する法的要件は何ですか?

標識に関する法律は、市、州、郡によって異なります。どのような種類の標識を使用するかを決定する前に、法律で何が義務付けられているかを地方自治体に問い合わせることが重要です。

II. ビジネスとイベントでよく使われる看板の種類

外部標識

屋外看板は建物の外側に設置されることが多く、会社やイベントの宣伝に使用できます。屋外看板は通常、さまざまな形、サイズ、色があり、金属や木材などの丈夫な素材で作られています。イベント、期間限定の特別セール、その他の種類のプロモーションを屋外看板で宣伝できます。屋外看板にはさまざまな形式があります。

  • チャンネル文字
  • 立体標識
  • LEDサイン
  • パイロン標識
  • 記念碑の標識
  • オーニングサイン
  • ウィンドウグラフィックス
  • バナー
  • 方向標識
外装標識

屋内標識

屋内標識は、屋内で表示される標識です。建物や敷地内に掲示され、さまざまな機能を果たす標識です。屋内標識は、商品やサービスの宣伝、建物の特定のエリアへの誘導など、さまざまな目的に使用できます。

  • 壁面サイン
  • フロアサイン
  • 天井サイン
  • 道案内標識
  • デジタルサイネージ
  • 卓上サイン
インテリア-標識

方向標識

訪問者をある場所から別の場所に誘導するあらゆる種類の標識は、方向標識と見なされます。これには、正しい方向を指示する小さな手持ちの標識と、特定の部屋への道を示す床から天井までの標識が含まれます。

ショッピングモールや空港などの公共の場では、方向を示す標識がよく使用されます。標識は通常、通行人が簡単に読めるように目の高さに配置されます。

方向標識

デジタルサイネージ

企業は、電子広告の一種であるデジタル サイネージを使用して、わかりやすい形式で情報を表示できます。小売店、飲食店、オフィス、病院など、あらゆるタイプの企業がデジタル サイネージを使用できます。看板は、企業の敷地内のどこにでも設置でき、タッチスクリーン機能も備えている場合があります。

デジタルサイネージは、ショップや飲食店など、さまざまな顧客が訪れる施設でよく利用されています。デジタルサイネージのおかげで、情報を各顧客のニーズや興味に合わせて適切に調整できるようになりました。

デジタルサイネージ

バナー

企業やイベントの場では、バナーは看板としてよく使用されます。バナーは、新しい商品やサービスを宣伝するだけでなく、特定の場所に顧客を誘導するためにも使用できます。マーケティング メッセージを変更したい場合、バナーは持ち運びが可能なだけでなく、簡単に更新できます。

バナー看板

ウィンドウグラフィックス

ウィンドウ グラフィックスは、ビジネスを宣伝し、目立たせる素晴らしい方法です。ウィンドウ グラフィックスは、社内だけでなく、窓や建物の外側にも使用できます。ウィンドウ グラフィックスの作成には、ビニール、紙、布を使用できます。ウィンドウ グラフィックスは、店頭や店舗の窓に取り付けることができ、フルカラーまたは白黒で印刷できます。

セール、プロモーション、イベントの広告は、ウィンドウに頻繁に表示されます。また、ウィンドウを利用して、ビジネスの新製品や提供品を宣伝することもできます。

ウィンドウグラフィックス

III. ビジネスおよびイベントの看板素材のオプション

ビニール

ビニールは、ラベルや標識に使用できる多用途の素材です。ビニール製の標識は、丈夫で長持ちするため、屋内または屋外の標識に最適です。

コロプラスト

コロプラストは、ディスプレイや看板を作るのに使用される硬いプラスチックシートです。切断、穴あけ、塗装が可能で、あらゆる企業や業界に独自の用途を提供します。コロプラストは、軽量で扱いやすいのに、驚くほど耐久性に優れています。リサイクルも簡単です。

アルミニウム

アルミニウムは軽量で強度があり、耐久性に優れた素材で、標識柱からサイディングまで、さまざまな用途に使用できます。さまざまな色があり、既製品として注文することも、仕様に基づいてカスタムメイドすることもできます。アルミニウムは一般に、プラスチックやビニール製の標識よりも高価であると考えられていますが、より耐久性があり、長持ちします。

アクリル

アクリルにはさまざまな色があり、光沢のある滑らかな仕上げからマットな質感のものまで、さまざまな質感があります。また、アクリルを木製や金属製の看板などの他の素材の上に重ねて使用することもできます。

発泡ボード

フォームボードは軽量素材なので、看板に最適です。さまざまな厚さのフォームボードが用意されており、あらゆる形やサイズの看板の作成に使用できます。防水性があるため、屋外でも使用できます。

ファブリック

永続的な印象を残したい企業は、布製看板の使用を検討できます。布製看板は強度、柔軟性、軽量性に優れているため、ショッピングモール、飲食店、小売店などの混雑した場所に最適です。ビニール、ポリエステル、綿、ナイロンなど、さまざまな素材を使用して布製看板を作成できます。さらに、プラスチゾル、溶剤系インク、エコ溶剤インクなど、さまざまなインクを使用して印刷できます。

木材

木材は扱いが簡単で、どんな形にもカットできるため、看板の素材として最も人気があります。木製の看板は、どんな色調にも合うように塗装することができ、素朴な外観を演出するのに最適です。より現代的なものをお望みの場合は、金属製またはプラスチック製の看板の使用を検討してください。

プレキシガラス

標識は半透明の素材であるプレキシガラスで作られています。屋内標識に最もよく使用され、アクリル、ビニール、またはポリカーボネートから作ることができます。プレキシガラスは、切断や塗装が簡単なため、手頃な価格で簡単にカスタマイズできます。

IV. 適切な標識の選び方

マーケティング活動から最大限の成果を得るには、会社に合った適切な看板を選ぶ必要があります。要件に合った適切な資材を購入し、必要以上にお金をかけないようにすることが重要です。看板を選ぶときは、次の点に留意してください。

コンポーネントを考慮する

会社に適した看板を選ぶ際には、各要素を考慮することが重要です。耐久性は最も重要な要素の 1 つです。看板が色あせたり、破壊されたり、その他の理由で破壊されたりして、数年ごとに看板を交換しなければならない状況は誰も望んでいません。時間の経過とともに色あせたり劣化したりしない素材を選択することが、看板をできるだけ長持ちさせる最善の方法です。

間隔をチェック

看板のサイズを計算して、看板に使用できる領域を最大限に活用します。テキストの行数を増やしたい場合は、通常よりも大きい大文字の書体または文字を使用します。ミニマリスト的な雰囲気の看板を作りたい場合は、一度に 1 行のテキストにしてください。

最高の看板メーカーを選ぶ

会社にとって理想的な看板メーカーを選ぶのは難しいかもしれません。考慮すべきことがたくさんあるため、どこから始めたらよいのかわからないかもしれません。あなたの会社のような会社のために看板の作成と設置の専門知識を持つ会社を選ぶことが重要です。スケジュール通りに、限られた予算内で、会社のために効果的な看板を作成できる看板メーカーが必要です。

V. 避けるべき標識の間違い

看板はあらゆるビジネスやイベントの重要な部分であり、正しく設置することが重要です。しかし、特に初心者の場合は間違いを犯しやすいものです。ここでは、看板に関してビジネス オーナーが犯しがちな間違いと、その回避方法を紹介します。

色が悪い

看板はブランディングの重要な要素であるだけでなく、店舗を訪れる人が最初に目にするものでもあります。そのため、看板に適切な色を選ぶことが重要です。背景や近くの他の物体に溶け込む色は避け、白や黒など、遠くからでも目立つ色を選ぶようにしてください。

フォントを使いすぎる

1 つの標識に使用するフォントの数が増えるほど、人々がそれを素早く正確に読み取ることが難しくなります。

コントラストの欠如

明るくカラフルな看板が最適だと思われるかもしれませんが、実際には、いくつかの色を使い、それらの色の間にコントラストを作る方がはるかに効果的です。看板がごちゃごちゃしすぎると、人々は読みにくくなります。使用する色が多くなるほど、個々の文字や単語を目が区別しにくくなります。

雑然としたデザイン

看板が雑然としていると、人々は混乱し、あなたが何を伝えようとしているのか分からなくなってしまいます。伝えたいメッセージを伝えながらも、デザインはできる限りシンプルにする必要があります。

不適切な配置

看板に関して企業が犯す最も一般的な間違いは、不適切な配置です。看板の位置が適切でなければ、注目を集めることはできません。

今すぐ見積もりを取得

助けが必要?

私はここにいます
お手伝いをさせていただきます